新緑

初夏の若葉のみずみずしい緑色に包まれる季節になりました。 

田んぼでは、稲を植える作業になります。

工場では、ダイニングテーブルの天板を製作しております。

 

修理orリメイク_

ソファー部材の修理orリメイクを行っております。今回は作り直すことになりました。 まず木材を正確に曲線に加工する為の型を製作しました。作りは曲線で徐々に細くなっています。

 

型を用いて木材の本加工を行います。 今回はホワイトオーク材を使用。製作はつづきます。

 

 

チェリーのダイニングテーブル納品

チェリーのダイニングテーブル(棚付き)W150  を製作させて頂きました。

チェリーらしい優しい木目の天板になりました。 ブラックチェリーの経年変化は速く劇的にかわる代表的な材料になります。 色合いの変化も、愛着を掻き立ててくれると思います。

※写真は、工場で天板のみで撮ったものです。チェリー材の特徴であるリップルマーク(さざ波紋)が見れます。 また、ガムポケット(黒い斑点)も少しあります。

お客様より、カフェの様なステキなお部屋に設置されたダイニングテーブルの写真とご感想を送って下さいました。

~お客様より~

しばらく汚さないように緊張しそうですが、経年変化を楽しみながら使いたいと思います
ありがとうございました。

~~~~~~

静岡県袋井市へ配送・納品いたしました。 末永くお使い頂ければと思います。

この度はありがとうございました。

ダイニングテーブル納品

カバ桜のダイニングテーブル(棚付き)W150  を製作させて頂きました。

お客様のご要望で、テーブルの高さ 72cm に。 天板の四隅をR10・縁周りをR5にて製作。工場にて天板 塗装後の写真になります。 赤身と白太が混じったカバ桜の天板になりました。

静岡県浜松市へ配送・納品いたしました。 末永くお使い頂ければと思います。

 

 

 

チェリーのダイニングテーブル棚付き

ブラックチェリー材のダイニングテーブル棚付きをご注文頂きまして只今製作しております。まず木取を行いまして、各部品の寸法に加工を行います。 

テーブルに使用する材料の量

部品に加工

棚板に使用するチェリーの突板

板と板を張り合わせて、天板にします。木目の並べ方を検討します。

カバ桜のダイニングテーブル棚付き

近所のサクラが満開になっておりました。 いい季節になってきました。

工場では、カバ桜のダイニングテーブル棚付きを製作しております。  
板と板を張り合わせて、幅の広い板にします。木目の並べ方を検討します。

 

プレス機を使用して、板と板を接着します。 この機械で家具に必要な材料を製作します。

素地の仕上げを行い、後日に塗装になります。

 

ヒノキのダイニングテーブル棚付き

ヒノキのダイニングテーブルを製作いたしました。 天板下に棚が付いており、雑誌・スマホ・ランチョンマットなど、サッと出し入れが出来るので、とても便利なアイテムになります。 テーブルの上は、散らかしがちですので、引出ではなく、棚も良いですよ。 

 

大きな窓が素敵なお部屋に設置されたダイニングテーブルの写真とご感想を送って下さいました。

~お客様より~

木肌がきれいで、木のいい香りがします。床が杉なので、ひのきと合うか心配でしたがうまく馴染んでます。大切に使っていきたいと思います!
テーブルはツルツルで子供たちもスリスリして喜んでます✨
ありがとうございました!

~~~~~~

写真とご感想 誠にありがとうございました。
お子様に気に入って頂けまして、こちらも大変うれしく思います。

愛知県知立市へ配送納品させて頂きました。 この度はありがとうございました。

スギの本棚 仮組立

スギの本棚を製作しております。  本日は、仮組立を行いました。 問題なく組立出来る事を確認できました。 残の作業は、素地仕上げと塗装になります。  もう少しで完成します。 お客様。。。巾木のサイズを教えて下さい。 お忙しい中すみませんが。。。 よろしくお願いいたします。

完成まで今しばらくお待ちくださいませ。